前 の 住人 が やって来 た。 西本銀二郎、濱津隆之、水溜りボンド・カンタら出演『前の住人がやって来た』6月21日(金)公開|taskey株式会社のプレスリリース

西本銀二郎、濱津隆之、水溜りボンド・カンタら出演『前の住人がやって来た』6月21日(金)公開

前 の 住人 が やって来 た

タップしながらテキストを読み進めていく中、シーンに合った動画が流れる仕組みとなっております。 この手法を用いたことにより、話に没入していく中で臨場感のある映像が流れ、まるでその場にいるような感覚を味わいながらコンテンツをお楽しみいただけます。 主人公後藤を演じるのは、日テレ『3年A組』に出演していた西本銀二郎。 前の住人と名乗る津田川役は『カメラを止めるな!』の濱津隆之が演じ、ホラーの世界を描きます。 【あらすじ】 アパートで一人暮らしをしている後藤。 彼が深夜、部屋でスマホを触っていると突然インターホンが鳴った。 のぞき窓から確認すると見知らぬ男が立っている。 後藤は酔っ払いか、頭のおかしいやつが部屋を間違えたのかと思ったがそうではなかった。 部屋の外にいる男は「自分はこの部屋の前の住人だ」と言い出したのだ......。 今もっとも勢いのある人気俳優のお二人に、本作への向き合い方から、撮影の裏話、プライベートのことまでお話しをお伺いしました。 濱津隆之 (写真左) 昨年大ヒットした『カメラを止めるな!』で主演を務め、一躍話題に。 「第42回日本アカデミー賞」では優秀主演男優賞を受賞。 味のある風貌とその人柄から溢れる不思議な魅力で今や多くの映像作品に引っ張りだこの存在。 西本銀二郎 (写真右) 若干23歳にして数多くの映像作品や舞台に出演する、注目の実力派若手俳優。 濱津さん)そうですね、思っていた以上に自分が演じた津田川って変な人でしたね。 現場でいろんな演出が入って楽しかったです。 西本さん)僕、ホラー映画を見たら一人でお風呂に入れないくらい怖がりなんです(笑)。 でも今回僕が演じた後藤は、どんな状況でも堂々としていたので、演じながら新しい自分を見ることができた気がして楽しかったです。 たまに上の階お爺さんとお婆さんが喧嘩してる声が聞こえてきていて……。 何があったのかわかんないんですけど、でも血なんです!絶対あれは血なんです!ってのが一回ありました(笑)。 西本さん)僕は住んだとかではないんですけど、ある日家族で占いに行ったんですね。 1階にカフェがある建物の2階にあって。 そこで色々と具体的に予言されたんです。 その時は全然信用してなかったんですけど見事に全部当たったんですよ!友達にその話をしたら、すごく行きたがってたので場所を教えたんです。 でも友達が行ったらなくなっていて、1階のカフェの人に上の階に占いなかったですか?って聞いたら、そんなもの元からないよと言われたらしいんです。 その時まで全く占いなんて信じなかったんですけどそこから信じるようになりました。 朝、昼とかだったら多分開けちゃいます。 それで、ずっと続けていたバイトをやめることができたっていうのが一番大きい変化ですね。 インパクトが強かったんでそこが良かったかなと思います。 西本さん)僕は一番最後のシーンですね。 わけのわからない4人が集まって一致団結じゃないですけど、心が一つになる瞬間を見てほしいです。 そんなに頻繁にではないですけど。 西本さん)僕もたまに読みますね。 それは面白くていまだに覚えてます。 ほんとに無駄のない短編で、ジャック・リッチーさん自身もこの世界にあるの全ての長編を私は短編にできる、と言ってるんですよ。 それぐらいスマートに必要最低限のやりとりだけで、最後びっくりするようなお話。 そういう短編作品が何話か入っていておすすめですね。 僕が初めて自分で全巻集めた単行本なんです。 でもやっぱり昔のものなので母親が売ろうとするんですよ。 読ませていただきました。 チャット形式で作品が見れるのはすごく面白いなあと思いました。 濱津さん)映像を見ながら小説を読むって新しくて面白いですよね。 そこを入り口に、小説の世界が広がっていくのはすごく素敵なことだと思うので、読者の方がそうなってくれたら嬉しいなって思います。 西本さん)今回作品中でインターホンが鳴るシーンが多かったので、見終わった方がご自宅のインターホンの音にビビるくらいに恐怖を与えられたらいいなって思ってます。

次の

西本銀二郎、濱津隆之、水溜りボンド・カンタら出演『前の住人がやって来た』6月21日(金)公開|taskey株式会社のプレスリリース

前 の 住人 が やって来 た

あつ森 キャンプサイトにやってきた住人を勧誘したいのですが、「前の島で借りてるものがあるから帰らなくちゃ」というようなセリフで勧誘を断られます。 キャンプサイト内でのゲームは2回成功 2回失敗しました。 現在の住人10人で満員です。 以前住人が10人で満員の場合でも、交換で勧誘成功した経験があります。 しかし、今回は何度話しかけても「前の島で…」というような会話になり、たぬきちに掛け合うところまで行けません。 誰にも引っ越しフラグが立っていないから、という理由で今回は諦めた方がいいのか、詳しい方いらっしゃいましたら教えていただきたいです。 よろしくお願いします。 あつまれどうぶつの森 あつ森 キャンプサイト 引っ越すか引っ越さないかは運が関係しているようです。 10回以上引越しの話が出ても、全て失敗した事例がありますが、粘り続けると最終的には引越しの提案に乗ってくれます。 ちなみに住人がMAX 10人 の場合、 新規住人が引っ越す代わりに入れ替わって貰う先住民がランダムで選出されます。

次の

シネマ小説 『前の住人がやって来た』 出演者インタビュー (津田川役 濱津隆之さん・後藤役 西本銀二郎さん)|taskey 広報|note

前 の 住人 が やって来 た

主人公後藤を演じるのは、日テレ「3年A組」に出演していた西本銀二郎。 前の住人と名乗る津田川役は「カメラを止めるな!」の濱津隆之が演じ、ホラーの世界を描きます。 【あらすじ】 アパートで一人暮らしをしている後藤。 彼が深夜、部屋でスマホを触っていると突然インターホンが鳴った。 のぞき窓から確認すると見知らぬ男が立っている。 後藤は酔っ払いか、頭のおかしいやつが部屋を間違えたのかと思ったがそうではなかった。 部屋の外にいる男は「自分はこの部屋の前の住人だ」と言い出したのだ......。 今回私が演じた後藤役は、自分と対照的な部分が多かったです。 あのシチュエーションの中一人で部屋にいたら、自分だったら絶対逃げ出しちゃいます。 最後のシーンにはびっくりされると思うので、是非楽しんで観てほしいです。 <濱津隆之さん コメント> ホラー全般全く駄目なので、頂いた台本を読んでいる時も「(幽霊が)出たらどうしよう」とヒヤヒヤしました。 自分が演じた津田川役は、思っていた以上に変な役でした。 想像以上の変な人だったので、自分なりに色んな演出を加えられました。 注目してほしいシーンは、初め自分の顔が出てくる所です。 インパクトがすごいので、是非注目して観てください。 <桃月なしこさん コメント> 私と性格が対照的なミステリアスな役だったので、演技が難しかったです。 撮影中はとにかく「笑わない」事を意識しました。 漫画も「peep」の作品もホラー系のものが好きなので、このような作品に携わる機会ができて大変嬉しいです。 普段の私とは違う姿が見れると思うので、是非楽しんでください。 <カンタさん(水溜りボンド)コメント> シネマ小説というものを初めて知ったのですが、動画を見ながら小説を読める設計が面白いなって思いました。 すごく臨場感ある作品に仕上がったと思います。 お芝居は普段する機会がないのですが、今まで動画制作で培ってきたものが出せれば良いなと思って臨みました。 『前の住人がやって来た』の世界観にドップリ浸かってほしいなと思っています。

次の