音 が 出 たら 負け。 「番組の企画から合わせてきた」後藤拓実&草薙航基は得意!?『音が出たら負け』ゲームクリアなるか?

「番組の企画から合わせてきた」後藤拓実&草薙航基は得意!?『音が出たら負け』ゲームクリアなるか?

音 が 出 たら 負け

昨年11月に放送された、バナナマンMCの『音が出たら負け』が、好評につき第二弾がゴールデンタイムの2時間の特番として3月11日(水)19:00~放送される。 MCバナナマンが奪われた大事な財宝を取り戻すため、挑戦者たちに財宝奪還を依頼するという全感覚集中型ゲームバラエティー。 無音の館へ音を出さずに侵入し、盗まれた宝を奪還するために集められたのは各界の有名人!感覚を研ぎ澄まし番人に見つからないよう宝を奪還できるのは誰だ! 特設スタジオに用意された一見シンプルだが音を出さずに進むことが困難ステージに挑戦。 芸人さんの中で一番声出てないので、僕いけると思います。 この日のために声を張らずにやってたので、正直、自信あります。 あと爪も切ってきました。 この長めな腕がじゃまになるのでは?と心配です。 「居たの?わからなかった」とかよく言われるので、音を出さないのは得意な方かも。 正直、向いてないと思いますが、あまり考え過ぎずに全部クリアしたいですね。 将棋の対局は12時間くらい静かな環境で戦っています。 やる以上は自信をもって挑戦します。 普段からダンスしているので、バランス感覚はあると思います。 でも先手打ったりするのが苦手なので心配です。 自信あると思い込んでいます!一つのことしか集中できないので心配です。 格闘技の試合では気持ちで戦うファイターなので気持ちを出し過ぎると音も出てしまうので、気持ちを落ち着かせていきたいです。 (C)日本テレビ 【番 組 名】音が出たら負け 【放送時間】2020年3月11日(水)19:00~20:54(日本テレビ系 全国ネット) 【M C】バナナマン *提供画像 (C)日本テレビ.

次の

音が出たら負け|日本テレビ

音 が 出 たら 負け

昨年11月に放送された、バナナマンMCの『音が出たら負け』が、好評につき第二弾がゴールデンタイムの2時間の特番として3月11日(水)19:00~放送される。 MCバナナマンが奪われた大事な財宝を取り戻すため、挑戦者たちに財宝奪還を依頼するという全感覚集中型ゲームバラエティー。 無音の館へ音を出さずに侵入し、盗まれた宝を奪還するために集められたのは各界の有名人!感覚を研ぎ澄まし番人に見つからないよう宝を奪還できるのは誰だ! 特設スタジオに用意された一見シンプルだが音を出さずに進むことが困難ステージに挑戦。 芸人さんの中で一番声出てないので、僕いけると思います。 この日のために声を張らずにやってたので、正直、自信あります。 あと爪も切ってきました。 この長めな腕がじゃまになるのでは?と心配です。 「居たの?わからなかった」とかよく言われるので、音を出さないのは得意な方かも。 正直、向いてないと思いますが、あまり考え過ぎずに全部クリアしたいですね。 将棋の対局は12時間くらい静かな環境で戦っています。 やる以上は自信をもって挑戦します。 普段からダンスしているので、バランス感覚はあると思います。 でも先手打ったりするのが苦手なので心配です。 自信あると思い込んでいます!一つのことしか集中できないので心配です。 格闘技の試合では気持ちで戦うファイターなので気持ちを出し過ぎると音も出てしまうので、気持ちを落ち着かせていきたいです。 (C)日本テレビ 【番 組 名】音が出たら負け 【放送時間】2020年3月11日(水)19:00~20:54(日本テレビ系 全国ネット) 【M C】バナナマン *提供画像 (C)日本テレビ.

次の

音が出たら負け|日本テレビ

音 が 出 たら 負け

3月11日放送の特番『SILENT GAME 音が出たら負け』(日本テレビ系)に、人気YouTuber・フィッシャーズのメンバーとして活躍するンダホが出演。 総勢25人の有名人たちが、創意工夫を凝らされたセットを無音で進み、ゴールにあるお宝をゲットするという内容だ。 出演者には各分野の人気者がずらりと並び、そのなかでンダホにも大きな注目が集まった。 フィッシャーズは若い世代から絶大な人気を集めている、7人組のYouTuberグループ。 チャンネル登録者数はすでに600万人を超え、アスレチック動画など、スポーティーな企画も多いことで知られる。 ンダホは動画企画で体重100kgを目指し、現在は120kgという、グループ随一の巨漢だ。 しかし、動画では軽快な動きも見せており、元々の運動神経は優れているため、攻略の期待が高まった。 120kgの巨体が予想を裏切る快進撃! MC・バナナマン日村が「ものすごいよね、登録者数が」と思わず漏らす人気者の大きな体に、出演者みな驚きを隠せないなか、50デシベル(図書館レベルの静けさ)以上の音を出すと即アウトのゲームが始まる。 「落ち着こう」といわんばかりのジェスチャーで進み始めるンダホだが、スタート早々大きな足音をたてスタジオは冷や汗ムード。 しかしそこはアスレチックで鍛えられているだけあり、120kgの巨体を自由自在に操って進んでいく。 そんななか、1stステージの第2関門でまさかの事態が発生。 第2関門は動く台座に乗せられた2本の瓶を音を立てずに取り出すゲーム。

次の